かきスタンプ

福岡でフリーランスの物流系のエンジニアやってます。

PHP:処理結果をログに吐いて動作確認。(LAMPならどんな環境でも多分OK)

Linux + PHP + Apache で開発していて、特定の処理をログに吐いて動作確認したい場合、設定の自由度の高さゆえ、サービスで設定しているログの出力先を解析するのが面倒臭いケースも多々あるかと思います。
 
加えて、ディストリビューションやバージョンの違いによる差異もあるし。
 
そんな場合、一時的な出力先を作成して、ログを吐くのが楽なんじゃないかと思います。
具体的には以下のような操作。LAMPなら、多分どんなディストリやバージョンでも行けます。
 

サーバ側の設定

  • 一時的なログ出力先のフォルダとファイルを作成
  • ファイルのオーナーを apache に変更
  • ファイルの権限を変更

具体的なコマンド

sudo mkdir /test01
sudo touch testlog01

sudo chown apache:apache /test01
sudo chown apache:apache /test01/testlog01

sudo chmod 777 /test01
sudo chmod 777 /test01/testlog01

PHP側の記述

こんな感じ。

error_log($message,"3","/test01/testlog01");

第2引数に「3」を渡すと、ログファイルのパスを指定できます。
 
 
Vagrant を使ってる場合、特に設定を変えていなければ、suパスワードは「vagrant」です。



スポンサーリンク